日本胸部外科学会は心臓血管・呼吸器・食道、3分野の基盤学会として学術的発展にむけ、共通目標の課題解決とその実践を目的として3分野のバランスのもとに運営しています。
Leadershipを発揮し、様々な学会とのネットワークを構築することで強い国際連携を作り上げ、国際的ブランド力を高めていきます。
Academic Surgeonとして次世代胸部外科医の育成を展開し、一体感や達成感が強く深い議論ができるような明るく楽しい未来志向の開かれた学会運営をめざします。
  • NCD
  • JCVSD