HOME >  胸部外科医を目指そう!  >  若手医師からのメッセージ:食道 2015年掲載
若手医師からのメッセージ

2015年掲載

鹿児島大学大学院 消化器・乳腺甲状腺外科学
佐々木 健

 医師臨床研修制度で外科研修が必修でないために、外科臨床に携わることのないまま、最終的な進路を外科以外の専門科に決める医学生・研修医の方々もいらっしゃることと思います。不器用だし、体力もないし、まさか自分が外科医になんて、と何となく外科医になることを敬遠している医学生・研修医の皆さん、もし少しでも外科診療に興味があるのなら、まずは外科研修を選択してみてください、外科医になってみてください。外科だけが大変で忙しい科だと思われがちですが、どんな科を選択しようとも、何かに興味を持ってそれを追究しようと仕事をすれば、同じように忙しくなるのです。向き不向きではなく、一生興味を持って続けられる科を専攻するのが良いのかなと私は思います。
 私が専門とする食道外科において、食道癌に対する外科治療は、様々な治療法がある中で依然として中心的な役割を果たしています。現在は、術前補助療法後の手術が標準治療となっているため、手術の難易度、侵襲ともに非常に高く、手術手技の工夫や合併症を察知する能力とその対処法など高度な専門性が問われます。決して容易な科ではありませんが、手術・周術期管理から緩和医療、さらには基礎研究に至るまで、興味と情熱をもって対峙すれば、必ず一人前の立派な食道外科医になれること間違いなしです。ひとりでも多くの医学生・研修医の皆さんが胸部外科に興味を持って下されば幸いです。