HOME >  学術調査  >  心臓学術調査

2015年心臓血管外科分野学術調査

2015年心臓血管外科分野学術調査 対象症例:2015年1月1日~12月31日

 現在、心臓血管外科分野では、2015年学術調査(対象症例:2015年1月1日~12月31日)を行っております。
 本学術調査より、NCD胸部外科学術調査集計システムを通じて手術例数の集計・報告をしていただく形式となりました。
 2017年5月15日(月)までNCD胸部外科学術調査集計システムにて手術例数の集計・報告を必ず完了して頂きますよう、一層のご協力をお願い申し上げます。報告方法の詳細につきましては下記をご参照ください。
 なお、心臓血管外科専門医認定機構認定施設においてご回答がない場合、認定施設としての資格を失う場合もございますのでご留意願います。
 集積しましたデータにつきましては、施設名等は公開致しませんが、解析に使わせていただく場合がございますことをご了承願います。
 

【NCDでの集計・報告について】

 本年よりNCD胸部外科学術調査集計システムにて手術例数の集計・報告をしていただく形式となりました。下記マニュアル2点をご参照の上、集計・報告して頂きますようお願い申し上げます。
 なお、コンバートが不可能な項目(胸部大動脈瘤-バイパス手術、補助循環、ペースメーカ)については、お手数ですが手入力いただきますようお願い申し上げます。

【集計・報告期限】 

 2017年5月15日(月)23時59分まで
 

【NCDの手術例数の集計結果の内容に相違がある場合】

 NCD(JACVSD/JCCVSD)で収集しているデータと学術調査で収集しているデータ内容が異なることからコンバートデータに齟齬が起きる可能性がございます。詳細につきましては「NCD(JACVSD・JCCVSD)データから胸部外科学会学術調査票コンバートに関する注意点・問題点について」をご参照願います。
 集計結果の内容に相違がある場合、NCDデータを修正することはできません。恐れ入りますが、集計結果のPDFをプリントし、誤った数値を手書きで修正の上、日本胸部外科学会事務局(survey-adm@umin.net)までメール添付、もしくは郵送にてお送りいただきますようお願い申し上げます。
 なお、NCDの手術例数の集計データの内容に相違がある場合でもNCD上にて「報告ボタン」をクリックしてください。
 お送りいただいた調査結果は学術調査に反映させるとともに、データコンバージョンの改善へ向けて参考にさせていただきます。
 

【お問合せ先】

 ご不明な点等ございましたら、下記メールアドレスまでご連絡願います。

 特定非営利活動法人 日本胸部外科学会 学術委員会
 E-mail:survey-adm@umin.net