HOME >  学術調査  >  学術調査 (食道手術)

関係者 各位
 

2018年 胸部外科学術調査 (食道手術) 報告のお願い
対象症例:2018年1月1日~12月31日


拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、本年も日本胸部外科学会 食道外科分野学術調査(対象症例:2018年1月1日~12月31日)を実施いたします。従来は調査用紙での調査を行っておりましたが、食道分野学術調査においても、NCD胸部外科学術調査集計システムを通じて手術例数の集計・報告をしていただくこととなりました。
 ご多忙とは存じますが、NCD胸部外科学術調査集計システムでの集計・報告を下記締切日までに完了していただきますようお願い申し上げます。

報告締切【再延長しました】
2019年8月8日(木) → 2019年8月30日(金)

 NCD胸部外科学術調査集計システムの報告方法については下記をご確認願います。
 集積しましたデータにつきましては、施設名等は公開いたしませんが、解析に使わせていただく場合がございますことをご了承願います。
 なお、日本食道学会の食道外科専門医認定施設および準認定施設の申請・更新条件に本学術調査への報告がございます。認定施設および準認定施設におかれましては、必ずご報告下さいますようお願い申し上げます。
 ご多用の折、大変恐縮に存じますが、何卒ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬 具

【胸部外科学術調査システム 報告方法】

1.NCD症例登録システムへログイン

2.メニューボタンにある「胸部外科 学術調査」ボタンをクリック
 ・メニューにボタンが表示されない場合は、下記の手順にて設定のご変更をお願いいたします。
  
1) NCD『症例登録システム』へログインし、ポータル画面上段右の『利用者情報変更』をクリックする。
  2)「症例登録領域選択」欄で、「消化器外科(肝胆膵外科)」にチェックを入れる。
   →『変更』ボタンをクリックする。
  3)ポータル画面へ戻ると『胸部外科 学術調査』のボタンがメニューに表示されます。

 ・画面上部に表示されるユーザータイプが「NCD診療科長」もしくは「NCD主任医師」であることをご確認願います。なお「データマネージャー」は胸部外科学術調査システムをご利用できません。ユーザータイプの変更方法はこちらをご参照ください。
 
・画面上部に表示されるユーザー情報の施設診療科が集計を行う施設診療科になっていることをご確認願います。
 
(「消化器外科領域」の症例が登録された診療科に対し、学術調査集計システムがご利用できるようになっております)

3.学術調査集計システムへログイン
 (NCD症例登録システムと同じパスワードです)

4.調査一覧画面にて「2018年 日本胸部外科学会学術調査(C) 食道手術 」「集計する」ボタンをクリック
 ・同画面右側の「説明を読む」ボタンをクリックでNCD症例の集計条件一覧がご確認いただけます。
 ・同画面右上の「操作手引きを読む」ボタンをクリックで操作の手引きがご確認いただけます。

5.集計入力画面にて手入力項目(アンケート等)を入力の上、「集計を実行する」ボタンをクリック。
 (画面が切り替わるまで時間がかかる場合がございます)

 ・手入力項目「8.腐蝕性食道狭窄」は従来と同様、手術例のみをご入力願います。
 ・手入力項目「4.救済手術」とは従来の学術調査と同様に、根治を目的とした放射線(化学)療法で少なくとも50Gy以上の放射線治療後の遺残や再発に対する食道切除術をさします。なお「4.救済手術」の「内視鏡的粘膜切除例」の項目の症例数の入力は不要です。

6.集計結果画面にて「報告する」ボタンをクリック
 ・「報告する」をクリックしたログインユーザーの名前で胸部外科学会へ報告されます。
 ・報告は施設診療科で一度のみ実行できます。
 ・調査票(PDFファイル)の郵送提出はご不要となっております。
 ・集計結果に修正がある場合におかれましても、「報告する」ボタンをクリック願います。
  修正方法は下記【集計内容を修正したい場合】をご確認願います。

7.集計結果画面にて集計結果PDFと集計明細データを保存し、自施設のデータとの照合・確認をお願いします。ご確認の際は、NCD症例の集計条件一覧もあわせてご参照ください。
 ・NCD症例の集計条件一覧の確認方法は下記【集計条件一覧の見方】をご確認願います。
 ・明細データのご利用方法は下記【集計明細データの見方】をご確認願います。
 ・集計結果に修正がある場合は下記【集計内容を修正したい場合】をご確認願います。

【集計条件一覧の見方】

1.NCD症例登録システムの学術調査集計システムへログイン(上記手順1~3)

2.「2018年 日本胸部外科学会学術調査(C) 食道手術 」の右側の「説明を読む」ボタンをクリック

3.NCD学術調査システムでの症例の集計条件一覧がご参照いただけます。
 学術調査集計結果のご確認・ご修正の際にご確認ください。

 

【集計明細データの見方】

1.NCD症例登録システムの学術調査集計システムへログイン(上記手順1~3)

2.「2018年 日本胸部外科学会学術調査(C) 食道手術 」「照会する」ボタンをクリック
 ・同画面右側の「説明を読む」ボタンをクリックでNCD症例の集計条件一覧がご確認いただけます。
 ・同画面右上の「操作手引きを読む」ボタンをクリックで操作の手引きがご確認いただけます。

3.集計明細の「保存する」ボタンをクリックし、集計明細データをダウンロード

4.明細データのご確認方法は以下の通り
 (1)NCD症例登録システムにログインしておく。(NCD症例登録画面にて確認するため)
 (2)detail.xlsx(明細データファイル)のC列(分類1)の消化器外科(食道)手術分類とそれ以降の列の [オートフィルタ矢印]をクリックし「抽出メニュー」を表示させる。
  →(すべて選択)のチェックをはずし、選択項目のみにチェックを入れて[OK]ボタンをクリックする。
 (3)X列(症例詳細URL)のリンクをクリックし、NCDの詳細データを表示させる。表示は手術日の順番で配列されています。
  (URLをクリックすると該当症例のNCDデータ登録画面が開きます。NCD症例登録システムにログインしていない場合は「NCDの表示ができません」のエラー画面が表示されます。NCD症例登録システムにログインしてから操作を行ってください)

 

【集計内容を修正したい場合】

NCDでの集計内容に修正がある場合は、下記手順にてご報告をお願い申し上げます。

1.NCD症例登録システムの学術調査集計システムへログイン(上記手順1~3)

2.「2018年 日本胸部外科学会学術調査(C) 食道手術 」の「照会する」ボタンをクリック
 
・同画面右側の「説明を読む」ボタンをクリックでNCD症例の集計条件一覧がご確認いただけます。
 ・同画面右上の「操作手引きを読む」ボタンをクリックで操作の手引きがご確認いただけます。

3.集計結果の「保存する」ボタンをクリックし、集計結果PDFをダウンロード

4.ダウンロードした集計結果PDFを出力し、赤字で修正

5.修正したものを日本胸部外科学会事務局(survey-adm@umin.net)まで提出(郵送でも可)
 

【NCD胸部外科学術調査システムが利用できない場合】

 NCD胸部外科学術調査システムでの学術調査症例報告ができない場合は、調査票エクセルファイルでのご提出をお願い申し上げます。
 調査票エクセルファイルをこちらからダウンロードいただき、症例数をご入力の上、メール添付にて日本胸部外科学会事務局(survey-adm@umin.net)までご提出願います。
 *NCD症例の集計条件一覧(PDF)
がご入用の方はお手数ですがメールにて日本胸部外科学会事務局(survey-adm@umin.net)までご請求願います。

 

【お問い合わせ先】

 特定非営利活動法人 日本胸部外科学会 学術委員会
 メールアドレス survey-adm@umin.net


特定非営利活動法人 日本胸部外科学会 学術委員会
特定非営利活動法人 日本食道学会

掲載日:2019.05.23
更新日:2019.05.27
更新日:2019.06.06
更新日:2019.07.16

更新日:2019.08.16