HOME >  学術調査  >  学術調査 (肺縦隔分野)

 

2018年呼吸器外科分野学術調査
関係者 各位
 

2018胸部外科学術調査 (肺縦隔分野)  報告のお願い
対象症例:2018年1月1日~12
月31日】
 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、胸部外科学術調査につきまして、NCD胸部外科学術調査集計システムにて実施いたします。先般は予備集計にご協力いただき、誠にありがとうございました。2019年4月11日(木)より報告機能が利用可能となりましたのでお知らせいたします。

 報告期間:2019年4月11日(木)~ 5月31日(金)

 胸部外科学術調査集計システムについては下記の手順にてご利用いただけます。
 調査票(PDFファイル)の提出は不要となっておりますが、報告内容について修正がある場合は集計結果のPDFに手書きにて修正の上、日本胸部外科学会事務局までメール(survey-adm@umin.net)添付、もしくは郵送にてご提出いただきますようお願い申し上げます。

 なお、呼吸器外科専門医合同委員会による認定修練施設更新認定の手術実績については、本学術調査を利用しています。学術調査の報告がないと基幹施設・関連施設の更新審査のための評価資料不足とみなされ更新ができなくなります。必ずご報告くださいますようお願いいたします。
 ご多用の折、大変恐縮には存じますが、ご協力賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 

敬 具
 

【胸部外科学術調査システム 報告方法】

1.NCD症例登録システムへログインしてください。

2.右側のメニューボタンにある「胸部外科 学術調査」ボタンをクリックしてください。(ユーザー情報の施設診療科が集計を行う施設診療科になっていることを確認してください)

3.学術調査集計システムのログイン画面が表示されます。症例登録システムと同じパスワードでログインしてください。

4.「集計する」ボタンから公開アンケートへご回答いただき、集計を実行後、「報告する」ボタンをクリックしてください。
 

・報告を実行したログインユーザーの名前で胸部外科学会へ報告されます。
・報告は施設診療科で一度のみ実行できます。
・オンライン上で胸部外科学会へ集計結果が連携されます。
・調査票(PDFファイル)の提出は不要となっております。
報告内容について修正がある場合は集計結果のPDFに手書きにて修正の上、下記送付先までご提出いただきますようお願い申し上げます。
 

【修正PDFのご提出先】
 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-27 テラル後楽ビル1階
 特定非営利活動法人 日本胸部外科学会 学術委員会

 メールアドレス survey-adm@umin.net
 *ご提出は、メール添付、郵送いずれの方法でも構いません。
 

【胸部外科学術調査票の確認方法】

ログイン画面の胸部外科学術調査の画面右上にある“操作の手引書”をご参照ください。

1.手引書に出力データの算出方法について記載しております。

2.肺縦隔分野にログインする。

3.集計ボタンから学術調査の自動出力を行う。

4.集計明細ボタンで明細データを保存する。

5.明細データと自施設のデータとを照合確認するには

(1)NCD症例登録システムにログインしておく。(NCD症例登録画面にて確認するため)
(2)detail.xlsx(明細データファイル)のC列(分類1)の呼吸器外科手術分類とそれ以降の列の [オートフィルタ矢印]をクリックし「抽出メニュー」を表示させる。→(すべて選択)のチェックをはずし、選択項目のみにチェックを入れて[OK]ボタンをクリックする。
(3)X列(症例詳細URL)のリンクをクリックし、NCDの詳細データを表示させる。表示は手術日の順番で配列されています。(URLをクリックすると該当症例のNCDデータ登録画面が開きます。NCD症例登録システムにログインしていない場合は「NCDの表示ができません」のエラー画面が表示されます。NCD症例登録システムにログインしてから操作を行ってください)

特定非営利活動法人 日本胸部外科学会 学術委員会
特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会