HOME >  一般のみなさまへ  >  胸部外科の専門医とは

胸部外科の専門医とは

 3つの領域の専門医、すなわち、「心臓血管外科専門医」「呼吸器外科専門医」「食道外科専門医」を指します。いずれも、術者と助手としての課せられた数以上の手術実績のみならず、より良い外科治療を提供できるように治療経験をまとめて論文や口演発表して自分らの成績を振り返ること、加えて、医療安全、医療倫理などの研修履歴と試験を受けて合格して初めて取得できますので、新規申請は大学卒業して10年ほどの医師が最も多くなります。いったん専門医の資格を取得しても5年ごとの手術実績などを満たさなければ更新できない仕組みになっており、これが専門医としての質の維持につながっています。
学会ホームページに3つの専門医を審査・認定する組織、「心臓血管外科専門医機構」、「呼吸器外科専門医合同委員会」、「日本食道学会」のボタンがありますので、それぞれの専門医についての詳細や都道府県別に地域で外科治療を担う施設と専門医の名簿をご覧ください。