HOME > 緊急のお知らせ > 【8月5日更新】東日本大震災被災地にお住まいの胸部外科疾患患者に対する支援

緊急のお知らせ

【8月5日更新】東日本大震災被災地にお住まいの胸部外科疾患患者に対する支援

被災地にお住まいの皆様へ

 去る3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様へ心からお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々へ心から哀悼の意を表します。また、被災された地域の皆様の一日も早い復興をお祈り致します。?
 被災地の皆様に対する医療支援としては、初動の段階を過ぎ慢性疾患など日常診療に対する支援が必要と思われます。日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本呼吸器外科学会、日本食道学会は、支援策の一つとして被災地域にお住まいで胸部疾患の手術を予定していた患者さんや今後手術が必要になる方々に対して、手術支援、受け入れができる施設・医師を紹介することを決定し、アンケート調査をいたしました。受け入れ可能な施設は下記よりご確認いただけます。今後も随時更新してまいります。なお、受け入れ手術は、主に心臓、大血管疾患の手術、肺癌などの呼吸器外科手術、食道癌などの食道外科手術です。
患者様の受け入れに関しましては、病棟の空床状況、手術枠、医療材料の不足など施設により事情がありますので、責任医師と患者様、ご家族との話し合いの中で決定していただきますようお願いいたします。
                    日本胸部外科学会    理事長 田林 晄一
                    日本心臓血管外科学会 理事長 高本 眞一
                    日本呼吸器外科学会   理事長 近藤 丘
                    日本食道学会       理事長 幕内 博康

支援可能施設リスト(*7月29日集計 随時更新)
*上記をクリックしてファイルが開かない場合はAdobe Readerが必要です。

――検索項目―――――――――――――――――――――――
心臓 血管 呼吸器 肺癌 食道 食道癌 手術 外科 受け入れ
東日本大震災 地震
―――――――――――――――――――――――――――――

会員の皆様へ

この度は下記手術支援アンケート調査に早々のご回答を頂き、有難うございました。
被災地域からの診療や手術の受け入れをされた施設におかれましては、学会事務局までご報告くださいますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――
東日本大震災に被災されました方々への支援策の一つとして、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本呼吸器外科学会、日本食道学会は、被災地域にお住まいで胸部疾患の手術を予定していた患者さんや今後手術が必要になる方々に対して、手術支援ができる施設・医師を紹介することを決定しました。
現在、各学会の評議員に被災地域の患者さんの手術受け入れについてアンケートを取り集約中です。

評議員以外の会員皆様の施設でも受け入れ可能でございましたら、下記アンケート項目にご回答の上、3月22日(火)午前中までにjats-adm@umin.ac.jpまでお寄せください。手術受け入れ支援以外にも何か支援できる内容がございましたら、是非ご意見をお聞かせください。

(※ 以下をコピー&ペーストしてお使いください)
――胸部外科疾患患者に対する支援対策 質問項目―――――――
都道府県:
施設名:
支援について:可
 *支援可能な場合、病院長の了承を得ること。
支援手術内容(次の番号を記入願います。):
1.成人心臓血管外科、2.小児心臓外科、3.呼吸器外科、4.食道外科
(一般的手術を意味します。)
 *支援可能な場合、施設名、手術内容、氏名、TELを公開します。
部署名:
医師名:
TEL:
メールアドレス: 

被災地に近い施設は医療品が不足していると伺っております。
手術支援以外に、何か支援できる内容がございましたら、
是非ご意見をお聞かせ願います。
意見:

――――――――――――――――――――――――――――――

 

投稿日時: 2011.03.18