HOME > 緊急のお知らせ > 日本胸部外科学会地方会のあり方アンケート実施中:7月18日(火)~8月15日(火)まで

緊急のお知らせ

日本胸部外科学会地方会のあり方アンケート実施中:7月18日(火)~8月15日(火)まで

特定非営利活動法人日本胸部外科学会 会員各位

理事長 大北 裕
地方会のあり方委員会委員長 碓氷 章彦

「日本胸部外科学会は本会と地方会の一体化をめざします!
Webアンケートをお願いします
アンケート実施期間:7月18日(火)~8月15日(火)まで」

 拝 啓 盛夏の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝の御事とお慶び申し上げます。
 この度、地方会のあり方委員会で進めているグランドデザインについてのアンケートを実施することとなりました。
 貴重な資料とさせていただきますので、よろしくご協力の程お願い申し上げます。
 なお、本アンケートは、実施期間中のみ会員ページから回答できるシステムになっております。
 何卒、よろしくお願い申し上げます。 敬 具
 *アンケート回答内容については個人が特定されることはありません。

1. グランドデザイン
 1) 本会会員は所属する地域の地方会会員とする。
 2) 地方会会費は本会会費と同時に一括徴収する。
 以上の2点の変更のみを行い、現行の地方会体制を大きく変化させません。
2. 目的
 1) 本会と地方会との構造的整合性の確立
 2) 日本胸部外科学会の基盤強化
 3) 地方会運営の支援
 本変更は上記3点を目標に進めます。
 専門医新規申請に、地方会での学会発表が0.5単位としてカウント可能となりました。新専門医制度への移行を見据え、本会と地方会との構造的整合性は確立しなくてならない要件となっています。また、専門医更新のクレジットを地方会に要求するためにも、地方会と本会の一体化は不可欠な条件です。
 本会員にとって地方会はより身近な存在です。地方会と本会が一体となって発展して行く事が、学会全体の基盤強化につながります。
 一括徴収する地方会会費は補助金として地方会を助成します。地方会の財政の安定化が見込まれます。
3. 運営方法
 1) 統一基準で一体化(本会会員=地方会会員 会費一括徴収、本会で地方会の会計管理運営まで管理する)
 2) 統一基準で別会計(本会会員=地方会会員、会計は別とし、報告のみとする)
 3) 別基準で別会計(現状)
 本会および地方会の本質的な考え方には、上記3パターンが考えられます。現状は3) 別基準で別会計であり、理想としては1) 統一基準で一体化となりますが、現実的には2) 統一基準で別会計と考えます。
4. 方法
 本会会費に地方会会費を上乗せして集金しますが、集金した会費はあくまで「本会会費」として扱い、各「地方会」に補助金として渡します。この方法は会費の集金と「地方会」への補助・助成は別の行為と考え、「会費収入」と「補助・助成」との間に直接的な繋がりはありません。会計上は、本会の「会費収入」として計上し、地方会への支出は「補助金」として処理します。
 具体的には本会会費を3,000円値上げし16,000円とします。現在支払っている地方会会費は徴収しません。地方会へは3,000円×人数で、補助金として渡します。地方会への補助・助成事業として支出しますので、税務上問題はありません。課税は消費税が約50万円増えることが想定されます。各地方会からは会計報告を本会にしていただきます。
5. 今後のスケジュール
 7月~8月アンケート実施
 9月評議員会・総会で基本方針を承認
 その後、1年をかけ定款細則、地方会細則の見直しを行い、2018年10月 評議員会・総会で会則変更を承認

地方会のあり方アンケートは会員ページからご回答ください
ご協力の程お願い申し上げます。

会員ページへのログインには会員番号とパスワードが必要になります。会員番号が不明の場合は事務局までお電話等(TEL.03-3812-4253)にてお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:特定非営利活動法人 日本胸部外科学会
112-0004東京都文京区後楽2-3-27 テラル後楽ビル1階
Tel.03-3812-4253 Fax.03-3816-4560
http://www.jpats.org/ jats-adm@umin.ac.jp
 

投稿日時: 2017.07.18